コーヒーダイエットの方法

コーヒーダイエットの方法どんなものなのでしょうか。まずコーヒー豆が浅炒りマメのコーヒーを選択します。飲むときは砂糖を入れるのは厳禁です。ブラックで無理ならミルクのみを入れて飲みましょう。また普段は食後にコーヒーを飲むように習慣付けましょう。お風呂に入る前や運動をする前に1杯のコーヒーを飲むのも効果があります。
3〜4時間程度でカフェインは消えてしまうので、続けて飲むことが大切です。1日4〜5杯は飲むようにします。夏になるとアイスコーヒーのほうがおいしく感じることもありますが、冷たいものは腸の働きを低下させます。必ずホットで飲むようにしましょう。
ダイエットを成功させる秘訣は、コーヒーを飲むとともに食事療法やマッサージも積極的に取り入れていくことです。マッサージにはコーヒーのカスを使いましょう。マッサージ液の作りかたは残ったコーヒーカスを布やストッキングに包み、お湯を張った洗面器に入れます。そのコーヒー液をマッサージオイル代わりに体に塗るようにしてマッサージをします。
入浴時に行えばコーヒーの液で服を汚さずにすみます。また有酸素運動との組み合わせも大変効果的です。適度な運動量が脂肪を燃焼させるのには効果的ですから、疲れすぎないストレッチなどがおすすめです。家事の合間やテレビを観ているときなどに、座ったままで首を左右に動かしたり足を組んで上体をひねったりと簡単なストレッチを続けると良いでしょう。食事のカロリーコントロールと適度な運動にコーヒーの摂取を組み合わせて、ダイエットを短期間で成功させましょう。

コーヒーダイエットレシピ

コーヒーダイエットレシピをご紹介します。コーヒーを飲み続けてうんざりしてしまったというとき。ちょっとコーヒーをアレンジして摂取するようにすると、毎日毎日飲み続けて味に飽きてしまった場合でも乗り切れるかもしれません。
ひとつは豆乳入りの豆乳コーヒーです。作りかたは簡単です。コーヒーダイエットは確かにブラックで飲むのが原則ですが、豆乳ならカロリーの点では問題ありません。まずはいつもどおりコーヒーをいれておきます。
次にコーヒーが冷めないように豆乳を少し温めてから、コーヒーにそそいでできあがりです。豆乳に含まれる鉄分の量は牛乳の約10倍といわれています。またビタミンB1、B2、B6が豊富であるばかりでなく、肌の健康を保つビタミンEもたっぷりです。コーヒーと豆乳の組み合わせはダイエットには非常に効果的です。何故なら大豆イソフラボンはコレステロールを低下させる働きや肥満防止の効果を促すからです。
寒天をコーヒーに加えてコーヒーゼリーを作って食べるのもよいでしょう。コーヒーが余ったときなどはおすすめです。ゼリーには甘いミルクではなく豆乳をかけると良いでしょう。食物繊維が豊富で、糖尿病や高血圧。高コレステロールなでに効果のある寒天はダイエットにとても向いている食品です。是非取り入れていきたいものです。
コーヒーをゼリーにすることで口あたりも良くなって食べやすいのが良いでしょう。日々の食生活の中で自分なりに少しレシピを工夫してコーヒーをアレンジしながら、継続的に摂取していけると良いでしょう。

スポンサードリンク